HOME > 同窓会概要

facebook
写真館
早良高等学校ホームページ
住所変更届

同窓会概要

福岡県立早良高等学校同窓会規約

第一章 総則

第一条 本会は、福岡県立早良高等学校同窓会とし、事務局を福岡県立早良高等学校内に置く。
第二条 本会は、会員相互の親睦を図るとともに、母校の振興及び発展に寄与することを目的とする。
第三条 本会は、次の会員をもって構成する。
(1)会員 福岡県立早良高等学校の卒業生
(2)特別会員 ア 福岡県立早良高等学校の職員及び旧職員 イ その他特に役員会において会員の承認を受けたもの
第四条 本会は、第二条の目的を達成するために、次のことを行う。
  (1)総会の開催
  (2)同窓会会員名簿の発行
  (3)会員、及び特別会員の慶弔
  (4)母校事業の援助
  (5)その他本会の目的達成のための事業

第二章 役員

第五条 本会に次の役員を置く。
  (1).会長/1名
  (2).副会長/2~3名
  (3).書記/2名
  (4).会計/2名
  (5).会計監査/2名
  (6).広報/1名
  (7).事務局/1名
  (8).名誉会長(学校長)
  (9).必要に応じて顧問(若干名)
  書記、会計のうち1名は母校在勤職員とする。
第六条 役員の職務は次の通りとする。
  (1)会長は本会を代表し、会務を総括する。
  (2)副会長は会長を補佐し、会長不在の際はその会務を代理、代行する。
  (3)書記は諸会議の連絡、記録をする。
  (4)会計は会の会計事務を担当する。
  (5)会計監査は毎年度、会計を監査し、総会に報告する。
  (6)広報は広報活動を推進する。
  (7)事務局は事務全般の業務をする。
第七条 役員の選出は次の通りとする。
  (1)会長、副会長、書記、会計、会計監査、広報、事務局は、評議員会で決定し、総会の承諾を得る。
  (2)顧問は、評議員会に図り、会長が委嘱する。
第八条 評議員は、各卒業年次の幹事の互選により、各年次2名選出する。
第九条 幹事は、卒業クラス毎に会員の互選により、2名選出する。
第十条 本会の役員、評議員、幹事の任期は2年とし、留任を妨げない。

第三章 会議

第十一条 本会の運営を円滑にするため、総会、役員会、評議員会、幹事会を置く。
第十二条 総会は、本会の最高議決機関で、毎年1回開催する。また、必要があれば、臨時に開催することができる。
第十三条 役員会は、執行機関であり、会長、副会長、書記、会計、名誉会長、顧問で構成し、会長がこれを招集する。
第十四条 評議会は、総会に継ぐ議決機関であり、各期毎に選出される評議員で構成する。また、必要に応じて、会長がこれを招集する。
第十五条 幹事会は、幹事をもって構成し、卒業年次別の会員の連絡、調整にあたる。
第十六条 本会の会議の議決は、出席者の過半数で決する。可否同数のときは、議長が決定する。

第四章 会計

第十七条 本会の経費は、入会金、会費、寄付金、その他雑収入による。
第十八条 会費は、卒業時に納入され、それをもって終身会員とする。
第十九条 会計年度は、毎年4月1日より3月31日までとする。

第五章 付則

第二十条 本会の規約の制定、改廃は総会において承認を必要とする。
第二十一条 この規約は平成元年3月7日より施行する。
第二十二条 この規約は平成3年8月13日改正施行する。
第二十三条 この規約は平成17年8月7日改正施行する。
第二十四条 この規約は平成20年8月10日改正施行する。